四国遍路最終地「高野山」、行ってきました!

四国八十八箇所巡りも1年2ケ月で事故・事件もなく無事に終了しました。 残る最終地は弘法大師が入定された高野山。奥の院が大師の御廟で、こちらをお参りして納経軸に結願の墨書と御朱印をいただいてきました。 今回は高野山の参拝経路を掲載したいと思います。 1.駐車場は奥の院口にある、「中の橋駐車場」に駐車しました。次の写真のように広くて、無料の駐車場です。 2.駐車場から「一の橋」まで歩…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所!「第88番 大窪寺」

四国霊場八十八番の結願所である「大窪寺」で今回の四国遍路旅は完結。この後、梅雨明けを待って「高野山」に結願報告と納経軸へのご朱印をいただきに行く計画で日取りは未定です。 1.山門(駐車場側の新しい山門)右側に車が見えますが、本来の駐車場はこの写真の手前側にあります。 2.山門の境内側立派な山門をくぐって中から眺めてみたら、さらに雄大さを実感しました。「十七番の井戸寺」も大きな山門でし…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所!「第87番 長尾寺」

このお寺は駐車場からすぐに境内内に入ってしまうが、広い境内を見渡すと本堂正面方向にある大きな楠の横に山門がある。 1.山門 2.大楠(樹齢800年) 3.本堂 4.静御前剃髪塚静御前は源義経の愛妾。平泉で義経が亡くなったと知らされた静御前は、菩提を弔うために母の磯禅尼と四国遍路に出て、長尾寺の住職にこの地に留まることを勧められ、その際剃髪をして髪を埋めたといわれてます。 概要 1…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所! 「第86番 志度寺」

この寺は駐車場が二カ所。正式な駐車場は山門右横の標識で示された場所、と思いますが、実際に駐車したのは山門正面に道から入らず、山門の左方向に進んだ場所。数台駐車されてたのでここが駐車場と思い駐車しましたが、どうも前文の山門右横が「志度寺の駐車場」のよう。 1.山門山門前の石柱に寺名など彫られているが、この石柱と山門間の左側に「圓通寺」の門があってここか?と勘違いしやすい。「圓通寺」は讃岐観音…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所! 「第85番 八栗寺」

このお寺に行くにはケーブルカーでしか行けないようではあるが、境内を清掃してた人に聞いたところ、車で登る道はあるとのことでした。何しろお寺近辺にはお店だけでなく一般家庭もあるので、何らかの道路があるはず。 下のケーブルーカー乗り場の横の脇道がナビの地図で見えてたので、ここを通ろうと思ったのですが、次の写真のように「車両通行禁止」の標識と、「この先行き止まり」という看板が。 1.ケーブルカー乗り…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所! 「第84番 屋島寺」

ここへのドライブウェイは快適。途中、壇ノ浦の古戦場など眺望が良い場所が二カ所有る。登りは本来の用を済まし、下りで一旦停止して眺めました。 駐車場からの山門は大きく立派でしたが、このお寺も本堂正面に別な山門(四天門)が有りました。 1.山門麓から「屋島ドライブウェイ」で登った時に、駐車場から入る山門です。 2.本堂正面にある四天門この屋島寺に歩き遍路かケーブルーカーで上ってくると通…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所! 「第83番 一宮寺」

このお寺は山門が二つある。車でいくと当然駐車場から入ることになるので、旧来の山門を見たい場合は本堂の正面方向を探してみよう。 1.山門山門の奥の方向に小さく建物(本堂)が見えます。この山門が本来の山門。 2.駐車場側からの山門見た目も簡素で石柱も新しいので、旧来の山門は1項の写真の方と思います。何といっても1項の門は本堂の正面方向にありました。 3.本堂 4.薬師如来の石…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所! 「第82番 根香寺」

この寺の特徴は「回廊形式の本堂」。本堂前にたどり着いたと思えば、さらに回廊を歩くことに。回廊には33,333体の小さい観音菩薩像がびっしりと並んでいる。これは信者からの寄進によるもの。 1.山門 2.本堂前の回廊入口(奥に本堂が見えます) 3.本堂回廊を通って本堂前に移動して撮影しました。 4.白猴ケヤキ樹齢1600年といわれるケヤキ。智証大師がこの寺を開基する際に、このケヤキの…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所! 「第81番 白峯寺」

このお寺は山門を通って境内に入り、さらに進むと、再び山門があるので事前に予習をしていないと勘違いする。あとで見かける山門は3項の写真の門です。 1.山門 2.本堂 3.頓証寺殿門(祟徳上皇の廟所)この門は「後小松天皇が贈った扁額」がかけられているので、「勅額門」と言われ国の重要文化財です。菊の御紋の布が目につきます。 概要 1.本尊:千手観音菩薩 2.由来:この寺の始まり…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所!「第80番 国分寺」

このお寺は「大師堂」が珍しい。多宝塔の形で、かつ、大師堂の参拝は多宝塔の下にある「納経所」から仰ぎ見て参拝することに。 1.山門 2.本堂 3.大師堂大師様への参拝・読経は、納経所に入って、納経所から大師堂を見上げて行います。 4.讃岐国分寺時代の礎石 5.願かけ金箔大師金箔の輝きに直ぐに気付きます。納経所の近くにあり。 概要 1.本尊:十一面千手観音菩薩 2.由来:…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所!「第79番 天皇寺」

このお寺は一般的な山門がなく、代わりに神社にある鳥居が山門となっている。これは、このお寺の由来から理由が判る。このお寺はヤマトタケルのミコトの時代からの因縁がある。毒で倒れたが「八十場(やそば)の泉」で回復したという言い伝えが! 1.山門(写真の赤色の鳥居)この鳥居も一般の鳥居と異なっている。よく見れば、一般の鳥居の両サイドにも鳥居が!「三輪鳥居」と言われている。 2.本堂 3.神…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所!「第78番 郷照寺」

この寺には大師が人々の厄除けを誓願して彫った、自らの像があることから、「厄除うたづ大師」と呼ばれ崇拝されている。この寺の駐車場は山門をくぐってさらに進んだ所に寺の駐車場がある。 1.山門 2.本堂二重屋根の本堂は珍しい。 3.本堂の彩色天井 概要 1.本尊:阿弥陀如来 2.由来:行基によって開基された寺であるが、現在は「時宗(※)」の寺とされている。1664年に現在の寺号に改…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所!「第77番 道隆寺」

この寺の本尊「薬師如来」は、「目直し薬師様」と言われ、眼病に霊験があると言われている。 1.山門 2.本堂 3.各地の観音霊場の観音像山門を入ると直ぐに目にはいる。全国の観音像が境内に並んでいるので壮観。 4.衛門三郎と大師像四国霊場八十八箇所遍路の元祖と伝わる、「衛門三郎」が「弘法大師」に行った無礼(第12番で掲載)に許しを請い、そして末期の望み(再来)をお願いしている…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所!「第76番 金倉寺」

75番から近く、平地の道のため安全に短時間で移動できた。境内も整備されていて落ち着いた雰囲気だった。 1.山門 2.本堂 3.願掛け供養念珠本堂に上が滑車で回るようにになっている大きな念珠。「願掛けしながら、引いて回す」と願いが叶うと言われている。 4.七福神 5.四国八十八箇所、お砂踏み駐車場に面して建物が建てられている。中に四国八十八ヶ所各霊場寺院の御本尊をお祀りし、各寺院…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所!「第75番 善通寺」

この寺は弘法大師生誕の地。境内は広く、五重塔も建っている。真言宗の三大霊場の一つでもある。(他は、高野山と、京都の東寺)。ここへの道は多くの人が来ているので整備されていて安心して移動できた。 1.山門駐車場は西院側にあり、西院と東院の境にこの仁王門がある。本堂の正面にある門は南大門(次項参照)。 2.境内図(東院と西院)寺は東院と西院に分かれている。東院には、五重塔、本堂や樹齢100…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所!「第74番 甲山寺」

第73番の出釈迦寺から車で6分程の移動時間で到着する。移動の道も整備されていて高知県に比較して寺への道のりは安心な地区。 1.山門 2.本堂 3.毘沙門天尊この中の岩窟に大師が造ったと言われる「毘沙門天像」が。 概要 1.本尊:薬師如来 2.由来:寺院の建造地を探していた際、大師が出会った翁の勧めから、この地で「毘沙門天の石像」を造り岩窟に安置した。その後大師が別当職に任命さ…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所!「第73番 出釈迦寺」

第72番の曼荼羅寺からさらに道を奥に進んだ地にあるお寺。車での移動時間は3分。一部50m位1車線の狭い道を通るが、そのあとは安心な道になる。 1.山門 2.本堂 3.干支石像駐車場から山門への通路に12支の石像が安置されてます。寄贈者名が彫られてるが気にせず、自分の干支の石像に拝んで来ましょう。 概要 1.本尊:釈迦如来 2.由来:弘法大使の幼少時代は諸仏と話している夢をよく…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所! 「第72番 曼荼羅寺」

この寺の山門前の道は狭いが舗装されている。無料駐車場が見つからなかったので山門横の無人の有料駐車場に駐車した。 1.山門3m道路沿いのため、畑に入って撮影のため、見上げた画角。 2.山門入って右手に設置された鬼瓦本堂の鬼瓦の実物。小さいサイズが見慣れた大きさのため、現物を見てビックリ!本尊は金色で、彼岸入りの日に開帳される。 3.本堂本堂前は工事中で、機材が写りこまないよう…

続きを読む

行って来ました、四国八十八箇所! 「第71番 弥谷寺」

日本三大霊場(恐山・臼杵磨崖仏・弥谷山)の一つに数えられたといわれています。この寺の参道の石段数は半端なものではない。500段以上を上る自信、時間のある方は是非、下の無料駐車場から歩いていきたい。正しく山門(仁王門)を通る機会に恵まれる。 反面、車で登れるまでいくには有料ゲートを通れば石段数を大きく短縮できる。 1.山門(仁王門)この山門は、有料ゲートを通った駐車場から、撮影のため一旦石…

続きを読む

四国八十八箇所、行って来ました! [第70番 本山寺」

頭上に馬頭をいただく墳怒相の馬頭観音を本尊とするのはここだけ。観音様が変化した姿で人間の煩悩を取り除き、諸悪を絶っていただけると言われている。 1.山門4本の円柱(縦柱)で構成された仁王門は国の重要文化財。 2.本堂鎌倉時代に建立され、一重の本瓦葺き、屋根の反りはほぼ建立当時の状態で、国宝。 3.本堂の右側の「ビンズル尊者」 4.馬頭観音にちなんで頭を寄せ合う二頭の馬(実物大…

続きを読む

四国八十八箇所、行って来ました! 「第69番 観音寺」

ここは前回掲載した通り、第68番の「神恵院」と同じ敷地内で、かつ納経所も同じだから一箇所で二寺参拝できるので効率的。それでも読経を各寺二回計4回行なったので50分程度滞在した。 1.山門第68番と同じ境内のため併記されている。 2.本堂 3.鐘楼の天井(波模様)天井に珍しい波模様の彫刻が 4.納経所(第68番と第69番共通の表記) 概要 1.本尊:聖観音菩薩 2.由来…

続きを読む

四国八十八箇所、行って来ました! 「第68番 神恵院」

ここに来て最初に気付くのが山門に、68番と69番の寺名が書かれていること。そして、境内に入ると本堂のコンクリート壁の外観に驚く。さらに、納経帳に記帳していただくときに、二つのお寺の箇所を同じ人が記帳すること。 効率は良いのですが、せめて本堂、太子堂が別にあるように、記帳者は別の人の方が間違える恐れもなくなり良いのではと、いらぬ心配をしてしまいました。 1.山門写真で判るように二つの寺番と…

続きを読む

四国八十八箇所、行って来ました! 「第67番 大興寺」

ここでは他の寺と異なる発見をする。遍路では本堂と大師堂で読経をするが、何と大師堂が二つあって驚く。 本堂に向かって左側が真言宗の大師堂で一般的。本堂の右側は天台宗の大師堂。どちらでも良さそうですが天台宗の方は拘るはず。天台宗と真言宗の両派の修業道場として栄えてきた経緯から。 1.山門仁王門の金剛力士像は運慶作と言われている。 2.本堂 3.大師お手植えの榧(カヤ)大師が種子を植え…

続きを読む

四国八十八箇所、行って来ました! 「第66番 雲辺寺」

ナビでお寺を設定するとロープウェイ乗り場にいかないので乗り場にたどり着くのは少し判りづらかった。ロープウェイ乗り場への案内看板は適宜置かれているようだが、あと少しの所で、「左折の看板」が無かった。 1.山門この写真に向かって右側にロープウェイ乗り場と500羅漢像がある。 2.本堂屋根の上、左側に小さいですが像が見えます。 3.水堂大師が自ら掘って水が出たそうで、説明看板によれ…

続きを読む

四国八十八箇所行って来ました! 「第65番 三角寺」

今回は今年初めての四国遍路。自宅からの総走行距離1010kmで、燃費24.2km/リットルと今迄で最悪の燃費。 このお寺に7時に到着しましたが、既にタクシーで乗り付けた方もいたようです。ナビの案内では遠回りになると内子の宿(既掲載)で遍路の先輩に教えていただいた国道の案内標識で曲がったおかげで、上りはスムーズに到着。帰りはナビの案内で66番に向かったが、途中上りで参考にした最初の案内標識の場所…

続きを読む

四国八十八箇所、行って来ました! 「第64番 前神寺」

今回で一旦四国お遍路は中断し、3月下旬以降に再度遍路旅に出かけた後、順次掲載します。 さて今回は第64番のお寺。車で行くにも愛媛県のお寺は60番以外は便利でした。 境内は広い敷地で、本堂まで駐車場から相当歩いていくことになるが、その間にいくつかの見どころがある。 1.山門車の場合、この右横を通過して駐車場にいくことになる。 2.極楽橋境内から本堂に向かう途中の最初の橋 …

続きを読む

四国八十八箇所、行って来ました!「第63番 吉祥寺」

信号から入った道沿いに有料駐車場が新設されていた。この寺の本尊は毘沙聞天。四国八十八箇所でこの寺だけ。 1.山門 2.本堂 概要 1.本尊:毘沙聞天(毘沙門天と「聞」の字が異なる) 2.由来:弘法大師が通りかかった時、光を放つ槍を見つけたので、「毘沙聞天」と「吉祥天」、「善膩師童子」の各像を刻んで、さらに堂宇を建てて安置した。 3.見どころ:境内に丸い穴があいた大きい石がある。こ…

続きを読む

四国八十八箇所、行って来ました!「第62番 宝寿寺」

道路沿いの駐車スペースのため運が悪ければ、次の63番は距離も近いのでこちらを先に行ってから戻るのが良い。 1.山門正面奥の建物への登り口は工事中で、本堂並みの大きさだが、本堂ではなかった。また、本堂と太子堂が右側に並んでるので、香炉所(鉢)(写真中央)は共通でした。 2.本堂大師堂に似ているが、太子堂はこの右隣、さらに一回り小さい堂宇でした。 概要 1.本尊:十一面観音菩薩 2…

続きを読む

四国八十八箇所、行って来ました! 「第61番 香園寺」

このお寺は境内が1万坪ある平地にある大きなお寺。道路にある次の写真の石柱(山門)をくぐり、相当進んでいくと駐車場が見えてくる。 1.山門 2.本堂大きなコンクリートの近代的建物で、本尊と大師像が2階に安置されている大聖堂。 3.本堂(2F)内の御本尊本尊に向かって右側に大師像が祀られていた。 概要 1.本尊:大日如来 2.由来:聖徳太子が用明天皇の病気平穏を祈願し、創建し…

続きを読む

四国八十八箇所、行って来ました!「第60番 横峰寺」

この寺は西日本最高峰石鎚山(1982m)の中腹にある。ここには通行料1800円の道を通って行くことになるが、ツアーなどは山の下にある駐車場でこの道専用の中型バスに乗り換えて行くようです。したがって、中腹にある駐車場は自家用車と同じ駐車場で降ろされて後は歩くことに。歩き遍路道は別の道があるようです。 1.山門駐車場からの徒歩は結構険しい道のり。片道10分で境内に入るが、上記写真の門は歩き遍路…

続きを読む