春の雨、ブルーベリー成長加速

週一日位のペースで雨が降って、気温の上昇とともに、ブルーベリーも成長促進。
早い品種は既に花が咲いて、さらにガクの部分が実の形になっていくのが判るほどに成長してきている。

我が家の一部のブルーベリーを紹介します。
最初はラビットアイ系の「ウィトー」の花が咲いてる写真です。
画像
沢山の花が咲いて満開状態です。この花全部が実になったら、と思うと収穫が楽しみですが、そうはとんやが。

次はハイブッシュ系のブルーベリー「レカ」ですが、花から実に変化する個所が判る写真です。
画像
花弁が茶色になって、落ちてはいませんが実に成りつつあるガクの部分に付いています。
緑色で丸くなりつつある部分はガクの内部から成長して、一般にブルーベリーと言ってる実になる部分です。
雨、風、振動で茶色くなった花弁部分は、この先落ちてしまいます。自然に落ちない場合は人為的に落とすようにしています。品種によって、この違いがはっきりと出ます。

さらに、この「レカ」の全体が判るのが次の写真です。
画像


さらに、花が満開状態に咲き誇ってる次の写真はラビットアイ系で、淡いピンク色の実ができる「フロリダローズ」の全体写真です。
画像
花が満開で咲き誇っている手前黄緑色の鉢が「フロリダローズ」です。

この記事へのコメント