ブルーベリーの新芽、今年も変わらず春を待つ!!

節分まで一週間。短い1月のようでありましたが、ブルーベリーは春がいつ来てもよいように、新芽が目立つようになりました。

大きな新芽と、小ぶりな新芽などの違いはありますが、それぞれのブルーベリーは自らの意思で季節を踏んでいるようです。

今回は、その中からラビットアイ系サザンハイブッシュ系のブルーベリーの新芽を撮影しました。次はサザンハイブッシュ系の代表格の「オニール」の新芽の写真です。
画像
このブルーベリーは早生品種で毎年3月から4月に掛けて花が咲いて、5月には立派な実をつける品種です。

次は、ラビットアイ系ですが完熟実の色が薄いオレンジ系になる品種で、「フロリダローズ」という品種です。
画像


4年位前から市場に出てきた品種です。最初はこれで完熟? と思いながら食べたものです。普通の色と異なるので恐れ恐れでしたが、味は意外にも美味しくラビットアイ系の味をしています。昨年は22mmの大実が出来、食べ応えがありました。平均16-18mmサイズの品種と思います。

この記事へのコメント